粉体塗装

粉体塗装

粉体塗装とは

粉体塗装

粉体塗装は液体ではなく、粉末状の塗料を帯電させて塗装し、オーブンで焼き付けて硬化させる塗装方法です。
見た目も美しく、また有機溶剤を使用しないので塗料の材質を選ばず、環境にも優しいのが特徴です。

特徴

環境に優しい

粉体塗装は有機溶剤を全く使用しないため、環境や人体に優しく、塗装作業時における大気汚染や火災、中毒などの危険性が大幅に減少し、塗装後似発生する有毒なものも一切ございません。

耐久性・耐候性に優れている

粉体塗装の完成塗膜は塗料に使用されている高分子樹脂の特性により、高膜厚で優れた塗膜強度、耐化学薬品性、耐食性、耐候性を保持しています。 また、防錆性もございますので、屋外の過酷な環境下でも広く用いられています。

安定した高品質をご提供

立体感のあるテクスチャーがはっきりと現れるのも粉体塗装ならではの特徴です。
粉体塗装前に必ずリン酸鉄処理を行う為、塗膜の密着性を高め剥離防止にもなり、また、傷による錆拡散防止効果にも繋がります。ミクロンレベルで素材表面に均一な膜を創るので、メッシュ素材などのエッジのカバー性が通常塗装より高く、塗装した際の仕上がりが美しくなります。

粉体塗装に適している商品

粉体塗装は耐久性や耐候性に優れているため、ハンガー什器、壁、床材、幕板など、強度が必要な箇所に最適です。また、防錆性もございますので、道路のガードレールや水道資材、建設資材、街頭ポール、信号機など、屋外製品などにも広く用いられています。

金属塗装

 

 

ガードレール

 

粉体塗装の流れ(施工方法)

前処理
塗装の密着性を向上させるため、粉体塗装における前処理はとても重要になります。
ゴミ等の汚れは塗膜外観が損なわれるだけでなく、剥がれや錆などの原因になるため、酸洗工程を行った後、腐食や防錆性の高いリン酸鉄皮膜処理を致します。

粉体塗装
ハンドガンで熱硬化性塗料に停電させ、静電気により塗装致します。1回の塗装で溶剤塗装数倍の塗装膜厚を作る事ができます。

焼付乾燥
粉体塗装後は溶剤と比較し、160~200℃高い温度で乾燥を行います。焼付け乾燥炉で熱硬化性塗料を加熱することにより塗膜を形成致します。

検査
品質を安定させるため、乾燥が完了した被塗物は規定の膜厚、光沢であるか目視により検査を行い、全ての検査を合格した製品のみ納品しております。